現代では医療機関の専門性が重視されており、ジャンルの細分化が進んでいます。これにより高度な治療が可能になっています。

  • ホーム
  • 医療と紅茶とチェックについて

医療と紅茶とチェックについて

紅茶はとてもおいしいものであり、昔から、中国やヨーロッパでは貿易対象になるくらい、またアヘン戦争を勃発させる問題となるくらいに、おいしいものであり多くの人が希望していたものでした。
紅茶は世界で昔から愛される飲み物であると同時に、人によってはとてもリラックスが出来る飲み物として毎日愛用をしている方もいます。

ところでこの紅茶についてですが、実はカフェインが入っています。
そのため上記のようにリラックス効果が期待できるという反面、医療の分野で、例えばうつ病や精神疾患、不眠症などを抱えている人は紅茶はあまり飲まない方がよいとされています。
このため、医師の先生からは、紅茶などのカフェインが入っているものを、夜、眠る前に飲んでいないかどうかをチェックされるケースがあります。

これはなぜかというと紅茶にはカフェインが入っているため、睡眠を妨げてしまう効果があるのです。
そのため、仕事などで起きていなければならない人や、夜遅くまで残業をしている人にとっては、紅茶はとても助かるものでもあります。
目覚めに飲むことで目が覚める飲み物であり、重宝がされます。
しかし、うつ病や睡眠がうまくできずに不眠症の人に対して睡眠薬が出された場合は、紅茶を寝る前などに飲んでしまうと、その睡眠薬の効果がしっかりと発揮されずになかなか寝付けないという辛い症状が出てしまうことがあります。