現代では医療機関の専門性が重視されており、ジャンルの細分化が進んでいます。これにより高度な治療が可能になっています。

  • ホーム
  • 医療現場でコーヒーの健康効果が認められむくみ改善も

医療現場でコーヒーの健康効果が認められむくみ改善も

笑顔の女性の医者

カフェインは、私達が普段から何気なく口にしている飲み物に含まれる成分です。
日本茶や中国茶、紅茶、ハーブティー、そしてコーヒーに多く含まれています。
国内において一時期、カフェインの有害性に関して警鐘を鳴らす意見が相次いで報じられました。
そして近頃では実際にカフェイン中毒と思われる事故が発生し、連日マスコミがその成分の有害性を盛んに報道しました。

マスコミの報道を鵜呑みにしますと、まるでカフェインが諸悪の根源のように感じます。
しかし、実際に中毒になった男性は連日連夜、ブラック企業とも思われる労働環境で働いており、カフェイン以外に出処が怪しい医薬品を飲んでいたとの情報があります。
また精神的に苦しんでいたため、エナジードリンクを過剰摂取していた生活習慣も指摘されており、大勢の方が勘違いされていますが、中毒の原因は総合的な男性自身の体調不良であり、彼の問題とコーヒーは無関係です。

私達が実際にコーヒーや日本茶でカフェイン中毒になるためには、それこそコップ換算で70杯から100杯程の飲み物を摂る必要があります。
コーヒーが諸悪の根源という事はまるでなく、むしろ近年ではブラックコーヒーの健康効果が広く伝えられます。
医療現場でもコーヒーはヘルシーな飲み物として推奨されており、飲む量を1日ひと桁台に止めれば、デメリットどころかメリットだけを受け取れます。
体温の低下を解消したり、女性が気になるむくみやお腹のお肉を改善するダイエット支援効果も認められています。
更にはカフェインには利尿作用が存在しており、適度に飲む事で厄介な便秘が克服出来ます。
血行を促進する働きもあり、集中力アップや生活全般にわたるモチベーション向上など、コーヒーには嬉しい利点が多々ありますので、カフェイン悪者説に惑わされず、医療関係の助言に従って正しく摂取し、健康を守りましょう。

サイト内検索
人気記事一覧