現代では医療機関の専門性が重視されており、ジャンルの細分化が進んでいます。これにより高度な治療が可能になっています。

  • ホーム
  • 高齢社会が進んでいる医療実態

高齢社会が進んでいる医療実態

血圧を測定する医者

高齢社会が進んでいることによって日本の医療は大きな変革が必要とされるようになっています。
長寿国としても知られるようになったということは社会的には良い面もあるのが事実ですが、それによって加齢により身体の衰えた人が多くなってきています。
必ずしも高齢になるまで生きていることができても、健康で活発な生活をできているわけではないというのが事実です。
医療技術や介護制度の発展によって生きながらえられるようになってきているという側面もあるのが現状となっています。

そのため、高齢社会が進んでいることによって、高齢者の健康を守っていくための医療費が膨大なものになってきており、国家レベルの大きな問題となっている実態があります。
特に現在の高齢者は若い頃から高塩分の和食の生活を送ってきたものの、高齢になってきてから洋食を取り入れるようになって高カロリー食を食べるようになったことが原因となっています。
これにより高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病を罹患している人が多くなっています。

これらの生活習慣病は合併症を伴うことが多く、その予防のために薬を飲み続けていくことが必要になりがちです。
定期的な通院と毎日の薬代を保険で負担していく国は医療費の問題をかかえるようにならざるをえない状況になっているのです。
それにもかかわらず、がんや脳卒中などの疾患を合併してしまって高度医療を必要とするケースも多くなってしまっていることから、さらに医療費の高騰を生んでしまっているのが現状です。
高齢社会が進行してきたことによって日本の医療は苦境に立たされている状況にあり、いかにして医療費の削減をしていくかということが早急に対策しなければならない問題となっています。

サイト内検索
人気記事一覧