英語って重要なの?その格差に迫る。

英語って重要なの?その格差に迫る。

英語が話せるとどうなるのか?人によっては話せればいいけど話すことが出来なくても生活に困ることはないよね?そういう回答が多いはずです。

事実日本人はそんな英語を話すことが出来ませんからね。

しかし、これを別の視点で見てみるとどうでしょうか?ヨーロッパの人々は母国語と英語を話せるという方がざらにいます。どうしてそうなるのかというと言語が似ているからという理由もありますが、英語を話せると非常に便利だからというのもあります。

それもそのはず英語というのは一応は国際ビジネスの公用語になっていますし、どの国に言っても英語が通じないということはありません。

つまりは英語が話せるということは当たり前のこととなります。グローバル化の社会、話せると話せないのは相当な差が広がります。

スマホホームステイ公式HP

英語が話せないと機会損失が発生!?

IT業界にいる私ですが、外資系のIT企業ともお付き合いをする機会があります。

でも彼らは特段英語を話すということはありません。外資系と言えば英語というイメージがありますが日本国内で仕事をしている限り実はあまり関係なかったりします。

英語が話せないと昇進できないという噂は本当?

だったら英語なんてわざわざ覚えないでもいいじゃないかと思う方もいるかも知れません。それにさっきの話と矛盾していないかと思う方もいるでしょう。

英語を話せるか話せないかで変わることがあります。それは昇進です。外資系なら本国とコミュニケーション手段として使いますし、日本の企業でも英語を話せないと昇進させないという会社もあります。

それにもう入社の段階でお断りなんてところもあったりします。逆に変な話ですが、仕事がそんなに出来なくても英語がペラペラなだけで勝手に役職が貰えたり、贔屓されることもままあります。

昇進というのは給料に直結するものなので、英語を話せるかどうかで賃金も変わってきてしまうことは留意しましょう。

英会話できることはメリットしかない

企業に入社するときでもそうですし昇進するための条件を始めの段階から満たしているので、問題なく出来たりします。

仮に英語が全く話すことが出来ない社員ばかりの会社で英語がペラペラならまさしく重宝されることは間違いなしです。中小企業の経営者は意外と見栄はりな方が多いので、英語が話せるということだけで入社できるというのがあります。

こう並べていくと英語を話せるだけでも凄まじいメリットがあることがわかりますよね?

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る