翻訳サイトの実力は実際にどれくらいなのか

翻訳サイトの実力は実際にどれくらいなのか

AIの技術は年々進歩しています。

それも信じられないくらいのスピードです。

英語は世界で最もポピュラーな言語ということもあり、翻訳の精度が尋常じゃないレベルになっています。

そのため誤訳というのはあることにはあるのですが、違和感なく一瞬の内に翻訳してしまいます。

ただしあくまで翻訳サイト、これを実際のコミュニケーションの場で使うとなるとためらいが発生してしまいます。

ではどのように使われていることが多いのか検証してみましょう。

スマホホームステイ公式HP

英語の本場アメリカでは実は英語が話せない人が多い事実

よくニュースでやっていると思うのですがアメリカは移民の国家です。

そして世界で最もチャンスもある国ですし、給料もかなりいいです。

そんな背景もあって貧しい国の人々は豊かさを求めてアメリカに移民としてやってきます。

もちろんこの時点で英語がペラペラというのはエリートなのでちょっとだけ除外します。

一部の方は英語もろくに話せない状態でそのまま仕事をしているという方もいたりします。

そうすると何が起きるかというと同じ国民なのに言葉が通じないということです。

日本では考えられないですよね。

そんなこともあり、もちろん英語を母国語としているアメリカ人は英語しか話せないので、差が生まれてきてしまいます。

そこで利用されるのが翻訳サイトです。

簡単なコミュニケーションなら翻訳サイトがあれば問題なし

よくあるのがスペイン語を母国語にしているヒスパニックの方と英語を母国語にしているアメリカ人とコミュニケーションが取れない問題です。

ヒスパニックの方は宅配とかシンプルな作業をしているケースが多いのですが、それを指示するのは英語を話すアメリカ人です。

指示することも出来ないので困ったとなるのですが、今は翻訳サイトを通してやれば簡単な指示くらいはできるようになっています。

以前なら再度も悪く使えなかった翻訳サイトがこれくらいのレベルまで進化してさらに発声までしてくれるという便利さ、これは見逃すわけにはいきませんよね。

h2:翻訳サイトを利用することが鍵

それならわざわざ英語を身につけなくても翻訳サイトを使えばいいのではないかという考えもあるかも知れません。

しかしまだ精度の問題であったりタイムラグの問題などがあったりします。

そこでこの技術を活用しながら自身も話せるようになればより一層完璧ではないでしょうか?

使える最新の技術を使うこれが英会話を効率的にまわしていく一歩となります。

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る