海外旅行の際には英語は必須なのか?

海外旅行の際には英語は必須なのか?

近年、日本人の海外旅行に数は増えています。

そうすると必然と英語への興味も増えていくでしょう。

逆に日本への外国人観光客も毎年増加の一歩をたどっています。

そうすると街の看板なので英語表記も増えていきますし、もしかしたら外国人観光客に声をかけられることも多くなるかもしれません。

そうなると一気に英語の需要が増えてきます。

そこで海外旅行における英語の重要性にフォーカスを当てていきます。

スマホホームステイ公式HP

英語の汎用性について

英語は日本だけではなく世界中で勉強されている言語です。

おそらくその国で高等教育を受けている方なら誰かしらは話せることでしょう。むしろ話せないほうがおかしいです。

例えば、グローバルな企業では社内での公用語が英語となっているため、日本法人でも全て英語でのやり取りというのが発生します。

中には日本企業でも英語を公用語にしている会社もあります。

楽天は有名ですよね。あの会社の面白いところは社内食堂のメニューまで全て英語にしているのがポイントです。

また必然的に海外の国々でも母国語と英語を公用語にしている国は無数あります。

インドやシンガポールはいい例ですね。

そうしますと海外旅行に行った際にコミュニケーションを取るという意味で英語がどれだけ重要になるのかがわかるでしょう。

実際に海外で英語なしで突き通せるのか

短期的に数日いるだけなら英語なしでも何とかなりますが、話すなというのが無理になります。

日本人の添乗員がついたパッケージとしてのツアーなら話す機会もなく何とか過ごせるかもしれませんが、そういう観光は下火になっているので英語を自ら率先していかないとホテルのチェックインすら出来ないかなと思います。

観光地でお土産を買おうとしてもブランド店でショッピングしようとも何か食事をしようとも英語が話すことが出来なければ厳しい部分はあります。

最初の関門である税関でも何の目的で来たのかというときに答えを話すことも出来ませんからね。

英語を話せないといけない理由

上記のようにものも買えないということになりかねません。

英語は国際公用語でもあるので、簡単なニュアンスは誰でも伝えることが出来ます。

英語なら数字や僅かな単語で意志を伝えることが出来ます。

そういう意味で話せないと効率的に悪いでしょう。

また誰かに頼れるということも考えると少しでも英語を話せる状態で海外に行くのが理想と言えます。

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る